2007年05月26日

MOLESKINE CLASSIC-POCKET-Squared Notebook

070525-01.jpg
日付が変わっちゃったので昨日になりますが、誕生日でした。
すでに誕生日がきてもそれほどうれしくない歳になりましたが。

そんなわけで、今回自分にプレゼントしたのが「モレスキン」。

今までずっと気になっていたけれど、その価格(定価1680円。今後は1890円に値上げだそうです。)からご縁が無かったノートです。
色々試しましたが、普段はメモやGTDの実践にはロディアを使っています。

ではなぜ、今回購入したかというと、

Lifehacking.jpさんの記事
「全てを手帳に記録する」、ユビキタス・キャプチャーの実践

を読んでから、ずっと気になっていた「ユビキタス・キャプチャー」を誕生日を機に実践してみようと思ったからです。

「人生に起こる全ての出来事を記録してゆく」という手法
日々のタスクやできごとのキャプチャーも大事ですが、それ以上に書いていて後々宝物になるのが、日々の小さな成功の記録、本当に幸せなことがあったときの記録、そして遠い昔の子供の頃の思い出を不意に思い出したときの記録などです。

こうした大事な瞬間を、まだ感覚が醒めないうちに走り書きする。そんなことを続けてゆくうちに、自分の人生が手帳のなかに織り込まれていきます。自分にとって大切なことはすべて手帳が代わりに覚えてくれている。この感覚が、人生をコントロールしている、という安心と自信を与えてくれます。


まあ、記録するだけなら、安いノートでも良いのでしょうが、やはり人間、“こだわった”物は大事にしますよね。これ、重要ですよ。

さて、先の人生にちょっとした“楽しみ”が増えました。

070525-02.jpg



posted by nobud at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロダクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。